税理士試験とは

目的

税理士試験とは、税理士となるために必要な知識や考え方を問う筆記試験です。

実際の本試験では「こんなところまで暗記しておく必要があるの!?調べたらわかるじゃん!!」というような箇所もあるため、筆記試験と割り切って取り組むことも必要です。

以下、ページ下部の「国税庁ホームページ 税理士試験の概要」からの引用です。

(1) 目的

税理士試験は、税理士となるのに必要な学識及びその応用能力を有するかどうかを判定することを目的として行われます。

(2) 試験科目

試験は、会計学に属する科目(簿記論及び財務諸表論)の2科目と税法に属する科目(所得税法法人税法相続税法消費税法又は酒税法国税徴収法住民税又は事業税固定資産税)のうち受験者の選択する3科目(所得税法又は法人税法のいずれか1科目は必ず選択しなければなりません。)について行われます。

 なお、税理士試験は科目合格制をとっており、受験者は一度に5科目を受験する必要はなく、1科目ずつ受験してもよいことになっています。

出典:国税庁ホームページhttps://www.nta.go.jp/taxes/zeirishi/zeirishishiken/gaiyo/gaiyou.htm

税理士試験について知って解くべきこと

以下から、詳細をご覧ください。